ボンザマーガレット!初心者におすすめ♡秋植えて春満開を楽しめる!



春に満開のお花を鉢いっぱいに咲かせたいな〜、しかも一株で。

そんな夢のようなことをお考えの方。
初心者の方でいらっしゃいませんか?


ハイハイハイ! ←挙手

あります、知ってます!!

なにをかくそう、私もかつてはサボテンを枯らした初心者の一人。w



今回は、そんな超がつく初心者さんでも簡単に育てられるお花について、ご紹介したいと思います!


これを読み終わる頃にはきっと、春に満開のお花を鉢いっぱい咲かせることができると思うので、ぜひ最後までお読み下さいね。

 秋植えて春に満開!超簡単なおすすめのお花は?

超初心者さんにとって重要なポイントは、

  • 育て方が簡単であること
  • 手に入りやすいこと
  • コスパがいいもの

ですよね。

実はあるんです。
そんなお花が!!
ご紹介しましょう〜。

▶︎サントリーフラワーズさんの「ボンザマーガレット」

秋に入手して、冬は失敗せず簡単に育てられて、春には満開になるお花。

はい、それは「ボンザマーガレット」です。

サントリーフラワーズさんの苗で、いわゆるブランド苗なのですが、丈夫でとても育てやすいんです♡

コツもなにもありません。

販売時期は10月上旬~11月下旬ですから、その期間に苗を一株ゲットして、単独で鉢に植えるだけ。

ここでひとつだけ注意ですが、ボンザマーガレットは1株でとっても大きくなるので、地植えするとさらに巨大化する可能性があるらしいんです。

なので初心者の方は、地植えではなくなるべき鉢に植えたほうがよさそう。。。

鉢に単独で植えたほうが管理もしやすいですよ。
(寄せ植えは、春にどれぐらいの大きさになるのかイメージしにくいと思うので上級者向けかな)

ボンザマーガレットのイチゴショート。色がかわいすぎ!! 2021/10/28

▶︎ボンザマーガレットの育て方

ボンザマーガレットは、キク科アルギランセマム属のお花です。

お世話が簡単とはいえ、さくっとご説明だけしておきますね。

  • 苗の販売時期:10月上旬~11月下旬
  • 開花時期:10月~12月/3月~6月
  • 敵芯(てきしん):不要です! ※敵芯についてはこちら
  • お花が終わったあとの花がらは摘んであげてくださいね。
  • 日当たり:半日以上直射日光の当たる屋外で(冬は霜や雪を避けた0℃以上の場所へ)
  • 水やり:土の表面が乾いたらたっぷりとお水をやりましょう


この色もたまらん♡

春苗も出回ります

 春には、一株でかなりのボリュームに!

販売期間が秋の、このボンザマーガレット。
(春苗も一応出回るようです)

植え付け直後からの育成レポートをご紹介します〜。

▶︎秋・植え付け時

10月28日に購入し、早速植え付けました。

植えつけ時にお花をとって、少し敵芯しました。本当は敵芯なしでもいいみたい。 2021/10/28

▶︎冬・12月ごろ

秋植えて冬じわじわと大きくなり、12月には蕾がつき始めました〜。

冬のボンザマーガレット。植え付けから1ヶ月半くらいかな。 2021/12/14

▶︎年明け・1月ごろ

年明けには、株は背丈も高くなり、お花もちらほら咲いています。

こんな感じ↓

蕾がたくさんついてきました〜。お花もちらほら。 2022/01/24

▶︎早春・3月はじめ

そして春目前、暖かくなりはじめる頃にはかなりの大きさに〜。↓

ボンザマーガレット植え付けから約4ヶ月。 2022/03/02

▶︎3月下旬ごろ

そして今まさに、満開になり始め・・・。↓

きゅんきゅん♡ボンザマーガレット。鉢の輪郭が隠れて見えないぐらいの大きさに! 2022/03/20

はあ〜。可愛い。
めちゃ可愛い。
まだ蕾がたくさんあるし!

暖かくなって、お花もほんのりピンク色に色付いてきました〜。
(寒い冬の時期はほとんど白色に近かった)

このままさらに4月になると、大きくなりながらお花ももっと咲いてくるでしょう♡

古くなった花がらはこまめに摘むと、お花が次々咲きやすくなります!

ボンザマーガレット、一株でコストパフォーマンス最高!

ピンクレモネード

ビビッドで素敵♡チェリー

 まとめ

いかがでしたか?

今回はボンザマーガレットについてお話ししました。


初心者でも簡単に育てれる、ボンザマーガレット。
販売期間の秋に入手して植えておけば、春に満開のお花を鉢いっぱいに咲いてくれます!


しかも、一株で大きくボリューム満点!!
なんというコストパフォーマンス♡

残念ながら秋苗をゲットできなかった方は、春苗も出回りますのでそちらでボンザマーガレットを楽しむことも可能です!

ぜひお試しください〜。

次は春のお花、サントリーフラワーズさんの新作ミーテについてご紹介しようと思います。

ルージュピンク

違うピンク、コスモスピンク

\こちらも知っておきたい/

コメント

タイトルとURLをコピーしました