忘れられないピンク色「みさき」!夏に強いお花・日々草の色選びのコツとおすすめ色は。

名前も知らないまま育てて、それから忘れられないお花ってありますか?

私はあります。
去年育ててハマった日々草「みさき」。
名前がわかったのはほんの1ヶ月ほど前です。


わけもわからずベランダガーデンをし始めた私は、お花のネームプレートをすぐポイポイ捨ててしまいます。
それが仇となり、今年4月5月6月と、この「みさき」に再会するまで迷走しまくることになりました。

え。お花のネームプレートいつも捨ててるよ?という私のような方、世の中広いんだものきっといらっしゃるはずよね。
でも、ちゃーんとネームプレートを保管している方はほんと素晴らしいです!えらい!


今回はそんな私の忘れられなかった「みさき」と、ベランダで簡単に育てられる夏に強いお花・日々草のおすすめ色について、お話ししたいと思います。

前半では・・・
  • 忘れられない、あの花をもう一度育てたい!と思ったら。
後半では・・・
  • 夏に強いお花・日々草の、色選びのコツとおすすめ色。

これを読み終わるころには、日々草を育てたことがない初心者さんもきっと日々草のイメージが変わるはず!
これなら育ててみたいな、と思っていただけると思いますよ。
ぜひ最後までお付き合いください。

 忘れられない、あの花をもう一度育てたい!と思ったら。

淡いピンク色の珍しい日々草「みさき」
日々草「みさき」。サーモンがかった珍しい淡いピンク色がなんとも言えない!

今回ご紹介する、私一押しのおすすめ日々草「みさき」です。
色がなんとも言えない色で、ほんとにかわいい。
伝わるかな、この可愛さ。
花びらが風で傷ついてるけど。

今年、このみさきの名前がわからず、買うこともできず、入荷問い合わせもできず、本当に困りました。
それでも忘れられない!もう一度育てたい!と思った私がどうしたか。
執念の再会までをご説明します。

まず画像をググる。

今年も絶対育てたくて春からずっと探しまくりましたが、買った日にちも名前もわからなくて、5月終わりぐらいまで迷走してました。

画像でとにかくググったググった。
なかなか出てこない。
名前がわからないので(汗)。
で、先にたどりついたのが、ネットでみた「桃のときめき」。

なんか違うけど・・これかもしれない。
と思いエイ、ヤー!とポチったのですが、、、やっぱり違った。ガク。

「桃のときめき」関連でまたググりまくって、ようやく名前がわかりました。
「みさき」は和歌山の花農家さんらしいです。

でもネットでは全く出回ってない。。ネットで買えない。

見た、買ったことのある場所へ、もう一度行ってみる。

お花の名前がわかったので、さっそく去年買ったホームセンターへいつ頃入荷か問い合わせてみたら、「日々草」で入荷してるから「みさき」では入荷日はわからないとのこと。


でも日々草は6月初旬からずっと入荷予定が入っているから、こまめにご来店いただいてチェックしていただくしか方法がないですね、と。

それからホームセンターに通い続けて、6月25日にようやく出会えました!

去年いつ買ったかわからなくてめちゃ困ったのでもうここに書いておこう。そうしよう。
もし「みさき」にご興味のある方は参考になさって下さい。

苗のネームプレートは必ず保管しよう

もう一度育てたい、と思った時にそのお花の名前がわからない。
そうならないためには、苗を買った時にポットについているネームプレートを保管しておくのが一番ですね。
私は今回これで懲りたので、次からはたとえ育て方を知っているお花であっても、ネームプレートは必ず保管しようと思います。名前さえわかれば、ネットでポチッとできますもんね。

間違えたけど、これはこれで可愛いかった!

 夏に強いお花・日々草の、色選びのコツとおすすめ色。

ベランダガーデンのお花でベースにブーケ挿し
なんて可愛いんだ・・「みさき」やばい。

夏の灼熱ベランダでも丈夫で病気にほとんどならない日々草は、本当に育てやすくて、初心者さんにぜひおすすめしたいお花です。

実は私、最初日々草が和風っぽくてあまり好きではなかったのですが、夏場どうしてもお花を買い足したくて仕方なくホワイトを買ったのが出会いのきっかけでした。
それがすごく育てやすくてびっくりして、それ以来ずっと毎年日々草をリピートしています。
その中で、色の選び方で気づいたこと、心がけていることを、ご紹介します。

濃い色は、傷ついた花びらが異様に目立つ

育てたことがある方はよくご存知だと思うのですが、濃い色の日々草は、傷ついた花びらが異様に目立つのです。

私はホワイトが最初のスタートでしたので、そんなことも知らずに、次シーズンは珍しい色めのダークパープルの日々草に挑戦したのですが、、、やってみて初めてわかりました。

日々草の花びらはひらひらと風に揺れて案外傷つきやすくデリケートなんですよね。
普段から強風が吹くマンションのベランダだと、すぐに風であおられてあおられて花びらに傷がつくんです。


夏は台風の季節です。
強風が吹かない夏はないので、それが濃い色の花びらだと、まあ傷の目立つこと目立つこと。

地植えのお庭や一戸建てで育てていらっしゃる方はあまり気にされることはないと思いますが、マンションでのベランダガーデンでは風が常に強めのため(上の階になればなるほど)、濃い色はあまりおすすめではありません。

おすすめ色は、色の淡い・薄いもの。

以上の経験から、私のおすすめは色の淡いもの・薄いものです。
個人的におすすめなのは、「みさき」のような淡いピンク系や、ホワイト。

うん。ホワイトは夏のベランダに清々しさを与えてくれて本当におすすめです。
和風めいた雰囲気もさほど気にならないのもホワイトの良い点かもしれません。

最近は色々な色が出回っているので、もちろん好きな色を選べばいいと思うのですが、淡いパープルやグラデーションの日々草も素敵ですよね。

私は次は淡いブルーのタイタンとか。気になります。

初心者さんもぜひ簡単な日々草、色々試してみて下さいね。

初めて育ててハマった、ホワイト

 まとめ

いかがでしたか?

今回は、私の忘れられなかったピンク色の日々草「みさき」について、そして色選びのコツとおすすめ色についてお話ししました。

忘れられない、もう一度育てたいと思うお花と再会できるように、苗のネームプレートは最初から必ず保管しておくと一番いいですね。

日々草は育てやすくて色も豊富に手に入りますから、マンションの方は濃い色のウィークポイントを知っていると、選び方も違って来ると思います。

ぜひ参考にしていただいて、日々草を育ててみてくださいね。

今度は日々草「桃のときめき」についてまたお話しようと思います。

グラデーションもきれい

コメント

タイトルとURLをコピーしました