想像以上に早く来る!やっぱこれ反抗期!その時はわからず悩みまくったこと。

これって反抗期なのかな、
こんなに早いものなのかな、
うちだけじゃないかな、、、

と悩んだこと、ないですか。

わたしはあります。

他の子達はそんなことないのに、どうしてうちの息子だけこんな態度なんだろう。
どうしてこんな言葉尻がきついんだろう。
なぜこんなことするんだろう。

それまで普通にできてたことが全部できなくなる。というか、わざとしなくなる。
悪態をつく。
言葉が非常に汚くなる。

兄弟がいたら、こんなに悩むことはないんだろうか。
ひとりっ子だからこんなふうになっちゃったんだろうか。
私が子育て下手なせいだろうか。

などなど。

その時はわからず悩みに悩んだこと、いっぱいあります。

 小6反抗期、コロナ禍、そして中学受験。

息子の代わりに愛猫登場。

息子は小5終わり頃から始まりました。

うるさい!クソババア!どっかいけ!は小6から。

しね!は流石に最初言われたとき、泣きましたね。びっくりしたし。これも小6。

こんな悪い言葉言うような子になってしまって、一体どこで間違えたんだろうって。


しかも息子は中学受験。

小6の一番大事な年度に、反抗期がかぶり。
しかも同時期にコロナ禍がかぶり。
学校に行けない間、塾と自宅で勉強しなければならないストレスがかぶり。
まもなく受験だ、というプレッシャーがかぶる。

中学受験に反抗期が重なると悲劇です。
うちの息子は6月頃から学校も塾も家庭教師もボイコットし出しました。
受験にとって一番大事な夏も、受験勉強はおろか、日常生活もまともに過ごせませんでした。
今でも私のトラウマになっているくらいこの時期は酷すぎて、今はまだあまり思い出したくありません。(苦笑)


しかも父親(旦那)と母親(私)の教育に対する考え方がかなり違う。
これも悲劇です。

反抗期のことを相談しても、『こんなのは反抗期じゃない、ただ勉強が嫌なだけで、子供の甘えだ。』と完全スルーされ。

唯一相談できる父親である旦那が、なんでわかってくれないの?
これが反抗期でないなら、一体なんなの?
全部ストレス?
それなら余計に怖いよ!

誰かに言って欲しいよ。

大丈夫だよ、それ反抗期だよ。
想像よりちょっと早くきただけだよ。
受験とかぶってしまっただけだよ。
でもよかったね、子供が自立しようとしてるんだよ。
自分で自立しようと思える子なんだよ。
お母さん、そんなに不安にならなくていいよ。

って。

受験勉強も含め全てに反抗しだした息子。
とにかく無理矢理にでも勉強させたい父親。

二人に板挟みになる私。

ストレスを私も抱えながら、本当に辛かったなあ。

なかなか教科書通りにはいかないけど

 今だからわかる。あれはやっぱり反抗期の始まりだった。


現在、息子中1。
ちゃんと中学生になれました。
反抗期はすこぶる絶好調です。
勉強もしないし、毎日喧嘩腰!

なんでフツーに会話できないのか???

でも、いま一つだけわかることがあります。
それは、

  • 中学受験という一つの儀式が終わって、ストレスが一つ減り、それでもやっぱり息子の態度は変わらない。
  • すべて中学受験のストレスから、息子がああいう態度になってたのなら、受験が終わったら元の息子に戻るはず。
  • コロナ禍はまだ終わってないけど、コロナだけのせいで今もこんな態度になっているとは思えない。

ということは、あれはやっぱり息子の反抗期の始まりだったんだ!ということ。

他の子より早いから、と不安にならなくてよかったんだ。

これで私自身の不安が、ひとつ消えました。

あの頃は悩みに悩んでいたけど、今なら自信を持って言える。
息子は小6から反抗期だった! 今も絶賛反抗期!

人それぞれあると思うのですが、私は本当に心の底から悩んでいるときは、誰にも相談できないタイプなので、渦中にいる間は真実を親友に打ち明けることができませんでした。

今になってやっと親友に打ち明けることができたんですが、彼女は私が当時誰かに言って欲しかったことをそのまま言ってくれました。ありがとう。


反抗期は子供がちゃんと成長してるってこと。
自分に言い聞かせよう、これは私自身の修行でもある!

早くここまで到達したい

 最後に。

今回は、自分の想像以上に早かった息子の反抗期についてお話ししました。

母親になって13年経つけど、今も分からないことだらけです。
反抗期なんてさらにわからん。
新しく遭遇する反抗期パターンに毎回右往左往している、歳ばっかくってるひよっこです。

なので、日々凹んだり悩んだ時はまずググって、同じような気持ちのママさん達がいっぱいいることに励まされています。
いい時代になったもんだ。


そして本も。

人から言われて素直に聞き入れられない時も、もし本に書いていることなら、なるほどそういう意見もあるんだな と素直に聞き入れられたりもするので、本はおすすめです。
もちろん、自分に合わない本もいっぱいあります。
自分が納得できる本はそう滅多に出会えないけれど、まあもとからそういうもんだと思って読むと気楽に試せるし、案外心に響く本に出会えたりします。
内容をすぐ忘れちゃったりするけども、それでもまたふと思い出して読み返したりできる。
その時ほんの一瞬だけでも心が軽くなったりしますよ。

私のように悩まれている方がもしいらっしゃったら、何かひとつでも参考になればいいな。

今回はここまでです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

そう信じたい・・・

気楽に読める

\息子反抗期が始まった頃、ガーデニングとねこに救われました/

コメント

タイトルとURLをコピーしました